新型フィット一発値引き交渉 2019

 

 

このサイトは、たった1回のみの短期の商談でホンダフィットの限界値引き額を引き出すノウハウをご案内しています。

 

あまり時間を取れないビジネスマンや商談自体が面倒だと感じる方に読んで欲しいノウハウです。

 

 

 

現在、最短でも工場出荷が受注から約1か月です。

 

値引きの条件は拡大傾向になります。

 

用品値引きや下取り車の査定額アップもしっかり交渉することです。


 

 

 

 

 

フィットの目標値引き

年月 目標値引き額
2018年11月 18万円

 

※参考 フィット3 値引き

 

フィット車両本体からの値引きの他に、ディーラーオプションから約2割の値引きも狙って下さい。

 

 

 

納車が長いことを知らない事にして商談してみて下さい。

 

納車まで長いとわかったら・・・
そこまでかかりますか?それなら待たないで買えるトヨタのアクアにしようかな、

 

待ってもいいけど・・・その分値引きしてくれますか?と納期が長い事を我慢する代わりに値引き拡大を要求してみて下さい!


 

 

 

値引き額が拡大する時期
時期 名称
3月 決算セール
7月 夏のボーナスセール
9月 中間決算セール
12月 冬のボーナスセール

 

フィット本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、フィットの値引き合格レベルです。

 

また、購入する時期によっては、さらに値引きの上乗せの可能性がアップします。

 
 

 

下取り車がある人は、最新の相場をチェックしてから予算を考えると良いでしょう。

 

下取り車の概算価格をチェックしたいならネットで調べられるかんたん車査定ガイドです。

 

複数の買取店へ無料査定を依頼できるので、高額査定が出やすいです。入力後に、画面上に買取店の相場額が表示されます。

 

 

 

フィットの諸費用

 

 

フィット13G・Lホンダセンシングの諸費用です。

項目 価格
自動車税(12月登録の例) 8,600円
自動車取得費 33,600円
自動車重量税 16,800円
自賠責保険料 36,780円
リサイクル料金 8,450円
販売諸費用 46,440円
諸費用計 156,670円

 

上記の諸費用を参考にして、「フィットのグレード」「付けたいオプションパーツ」「諸費用」をプラスして、上記の目標値引き額を差し引きして、購入目標の総額を出しておきます。

 

 

 

 

 

 

フィットを買う時期がまだ先であれば、前もって営業マンにこちらの購入条件を伝えておく方法があります。

 

3月の決算セールや7月のボーナス商戦、9月の中間決算セールのフィットの値引きが拡大する時期に合わせて、前もって営業マンに自分の購入条件を伝えて、「この条件で出来る時に連絡を下さい」とやります。

 

決算セール時期で、「どうしても今月中にあと一台売りたい!」と言うタイミングになれば、営業マンから連絡が来るかもしれません。

 

各セールやフェアの1ヶ月前から、各ホンダディーラーに伝えておくと良いでしょう。

 

この時に営業マンに言う条件は、「ちょっと厳しいかも」と感じる条件でちょうど良いくらいです。 たとえその条件で出来なくても、連絡が来ればかなりの値引き条件は通るはずです。

 

このノウハウも意外と成功しやすいのでおすすめです!

 
更新履歴
トップへ戻る